大人のプログラミング初心者が勉強を始める前に未来を想像してみた

令和の3種の神器はABC「AI、BIGデータ、Code(プログラミング)」

これからの変化は全てプログラミングにより新たに作り変えられ、また時代にあわせてメンテナンスしていくことが仕事の中心になることは間違いありません。過去、70年を振り返ってみてみましょう。

1950年代後半、神武景気の頃、「白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫」が、「三種の神器」と呼ばれていました。こんなガラクタなものがと感じてしまいますが、その時代では憧れでした。

1960年代半ばの高度成長期には、新たな「3C」(カラーテレビ・クーラー・カー〈自家用車〉)がこれに代わりす。

1989年からの平成の時代は、デジタルカメラ・DVDレコーダー・薄型大型テレビのデジタル家電が「新・三種の神器」と呼ばれていましたが、その原動力は「家事労働の軽減から余暇の充実へ」であり、常に「あこがれの質の変化」が製品を通してうかがい知れます。

そして2019年令和の時代以降はどうでしょう。「パーソナルなお1人様、超ロングテール、 5G」というキワードの中で、新たな「時代的要求」に対応していく方法をプログラミングすることが求めらそうです。

プログラミングする為には、AI(人工知能)がBIGデーターにより個別欲求を分析し、その欲求に対するサービス内容をウエアラブルな端末から待ち時間なしに対応できるようにプログラミングすることが仕事の大半になっていきますが、ここで重要なのはプログラミングが好きか嫌いでなく、出来るか出来ないかで貧富の差がでてくる時代が令和だといえそうです。

つまり令和の3種の神器は「AI、BIGデータ、Code(プログラミング)」のABCとなりそうです。

1.人に関する変化

見た目(外観)以外ではプログラムの活用力、または、プログラムミングによる新たなサービス展開力である付加価値の大きさが優劣の判断基準となり、年齢、学歴は全く関係なくなる。

人が、現在している簡単な機械的な仕事はロボットがしてくれ、車の運転主や電車の運転手はおらず自動運転になる

車の大半が電気自動車になり、ガソリンスタンドではなく道路面からの充電や太陽光発電の蓄電などで補充される。

先進国である日本では結婚、出産が減りお1人様世帯が圧倒的に増加することで、政治はお1人様の課題解決が重要なテーマとなる。

2.物に関する変化

物は、超ロングテールな少量多品種となるが、3Dプリンター技術により注文を受けてから作る為、在庫は大きくならない。

ウエアラブルな端末によりあらゆる物はインターネットと繋がり、個人情報は全て管理監視される可能性は十分にある。

物は、無人化した工場でつくられたたり、農業や酪農もドローンや監視カメラや自動農機具で収穫される

インターネット技術のシンギュラリティにより、触覚や匂いまでもが感知できるようになり、殆どのものはAMAZONのようなネット会社から購入できるようになる

3.お金に関する変化

あらゆるものが電子決済により領収書DATAが集計DATAに自動記録され確定申告の為に必要なDATAは全てその都度集計される。またマイナンバー制度の活用で自営業者はもちろんサラーリーマンの確定申告はパソコン申請となる為、税理士や会計士は集計された画面を見て最終確認するだけの仕事となり、やがて不要になる。

コンビニで商品を買うときにはレジでお金を払わず全て自動決済される一方、逆に現金で購入できなくなる

お金の出し入れするだけの銀行はなくなり、住宅ローンの比較的大きな資金に対する審査もほぼ同時に判断され審査待ちの無駄から解消される

この世から現金はなくなり全て電子マネーで運営される。外国への送金には手数料不要の仮想通貨で決済される。

4.情報に関する変化

個人ごとの耳にだけ音が配信される」技術は既に開発されていますが、同じ空間にいながら個人ごとに別の情報を受けられることで、例えば顧客100人に対して100作の別の映画が上映される映画館も実現できる。

教え方の下手な先生は不要になり、非常に教えることが上手い先生が画面から教えてくれ、そのDVDで何度も復習確認し分からなければ質問していればアドバイスがもらえる

インターネットにアクセスしたDATAは全てBIGデーターとして活用分析されることで最適調和の資源活用が実現する

情報は、よりニッチで深い対応ができる事で、マスメディアは消滅しパーソナルメディアだけになる

5.時間に関する変化

平均寿命が延びるなか、爆発的にネットに環境が充実することで趣味が仕事になると仕事との境目がなくなり、創造力のない人は「時の過ごし方」に対する精神的苦痛が大きくなる

並んだりする待ち時間は解消される。例えば信号待ち、改札待ち、タクシー待ち。

待ち時間なく「隙間時間で働けるバイト」が日常茶飯となり副業をすることが当たり前になる。

自分の家に入る鍵もなくなり自動開錠となり、電気が自動点滅、室内温度も自動調節される全てオートマチックな時間を過ごす。