人生はINPUTとOUTPUTを「繰り返し」自分の本質が素晴らしいことを証明すること

2020年小学校からの必須科目である「プログラミング的思考」とは

2020年から始まる小学校からの「プログラミング的思考」の必須化は単にAI化の流れのなかで当然な必修化と言えます。

プログラミング的思考は「手順」を考えることであり、今までの学習方法と特別な違いが無いと思われがちですが「似て非なる」教育と言えます。

従来の教育が「知識」偏重であったことに対して今後は「手順をの組み合わせを考える」ことに重心が変化しています。

それが何かといえば

  • 料理ならレシピが手順
  • 算数なら四則計算が手順
  • 数学なら方程式が解法の手順
  • 論理的思考なら哲学が学習手順
  • 車の生産方式はジャストインタイム(Just In Time)が標準
  • 工場の生産ラインならフローチャート図

のように個々の部分や切り口には全て手順やマニュアルが存在し、逆にマニュアルがないと動かないという社会になっているのが現実です。

確かに、中学3年生までの知識は最低限度覚える必要がありますが、大学受験に見られた必要以上の記憶重視の教育から、あらゆる手順に対する考えかたの「いろは」を小学校から慣れ親しむということに比重を移すということです。

まだIOTのような全てがインターネットで繋がる時代でないうちは学ぶ必要がなかった学問ですが、これからはあらゆるものや考システムの基本に存在しているものがコンピュターである以上、コンピュターへ指示する為の最も初歩的な四則計算である「プログライング的思考」が必須となくなるのは当然といえます。

このように、IOT社会の方向性の中では「アナログの温かさ」と「デジタルの基本となるプログラミング的思考によるクールな手順」の両輪を使って人類は進化することを決めたようです。

その進化速度が決定的になるのが2045年頃に予測されているシングラリティーと考えられています。

具体的な「プログラミング的思考」のフローチャート図

有意義な人生を歩む為に「プログラミング的思考」を使って書いてみます。

一番重要なことは「繰り返し」て何をするかで人生は変わります。自分のなりたい自分を決め「繰り返し」チャレンジして自分の素晴らしい本質を理解することが生きる意味と考えます。

人生という大きな空間の中で「学び」「遊び」「恋愛し」「悩み」を成りたい自分い向かって「繰り返し」努力することが素晴らしいと感じられればそれでよいのではないでしょうか。

どうでもいいことに拘る自分と戦うためには他人は他人と割り切る勇気と覚悟が永遠のテーマですが重要なポイントと感じます。

人生はINPUTとOUTPUTの繰り返しでしかないのでそのノウハウをまとめます

全てプログラミング的思考で解説していますので参考にしてみて下さい。