大人の「プログラミング的思考」を使って「テーマ:彼女を見つける方法」を解説

プログラミング的思考は「繰り返し」て失敗する共通項目(要因)をCHECKします。その上で、その要因を取り除く為の条件を設定し、その条件ごとに上手くいく対策を考え試行錯誤しながら「計画」を達成するフローを考える思考です。

【目次】    結論は⇒こちらです

  1. PLAN(目的・計画):「編集力」を付けること
  2. DO(行動):先ず考えた戦術を実施する
  3. CHECK(戦術分析):繰り返し失敗する要因を考える
  4. ACTION(どのように):「彼女を見つける」方法の実施

前提:命題(意味)を5Wで定義します

命題:この解説は「プログラミング的思考」を理解しやすくする為に「彼女を探す」をテーマとして取り組みます。

定義:5W1Hの5Wで対象を定義できます。

プログラミング的思考:HOW(方法)を創出します

対象者を 5Wでの定義(決める)

1)対象を定義:どのような対象に対して取り組むかを5Wで定義します。その上で定義された対象が、計画(PLAN)に対してどのよう(HOW)にすればよいかの方法を解説します。

2)今回の男性の対象像(例):30歳、学生時代には野球一筋に取り組み、他の遊びなどは一切しらない年収500万円、土日定休のサラリーマンとします。身長は170cm男性身長の平均、体重65kgの至って平均的。股下なども含め全て日本人体形とします。 好みのタイプは、美人系よりは可愛い系女性で身長は155cm前後。外せない部分は、笑顔が素敵な、歯並びの良い、頭の良い女性。

今回の男性像を5Wリストで定義しています

  • WHO:男性、171cm、70kg、500万円、サラリーマン
  • WHEN:30歳
  • WHERE:日本
  • WHY: 彼女いない歴5年、学生時代には 野球一筋、遊びなどは一切しらない
  • WHAT:今回の想定する好みのタイプは、美人系よりは可愛い系女性で身長は155cm前後。外せない部分は、笑顔が素敵な、歯並びの良い、頭の良い女性。

PDCA(PLAN→DO→CHECK→ACTION)を考える

【1】PLAN(目的) 「編集力」を付けること

定義した男性が「彼女を見つける方法」をプログラミング的思考をつかって解説します。

目的:彼女を見つける為に必要な能力は「編集力」を付けることで、その根拠はCHECK(戦術の現状分析)の所に記述しています。

【2】DO: 多くの情報を入れる「読解力」を付ける

合同コンパに参加する際に、事前にたくさんの雑誌で仕入れた話題(情報)を入れて会話することします。これが改善前の行動内容(DO)とします。一般的には正しい準備ですね。

実際に参加してみると次のような問題が発生します。

1)上手くいかない、「繰り返し」失敗する要因を抽出し現状把握します(具体的項目を考える)

  1. コミュニケーション能力に自信がもてない
    1. 端的に要点を話せない  (省けない)
    2. 会話が続かない (表現力が弱い)
    3. 笑いを伴わない (観察力が弱い)
    4. 詳しい趣味の話題がない (没頭感がない)
    5. 弱点を語れない (失敗経験が少ない)
  2. 自己中心的な話題になる
    1. 自分の立場の話題(視野が狭い)
    2. 仕事の話題に集中する (相手は興味ない)
    3. 相手へのリスペクト意識が弱い(視野が狭い)
    4. 他人に依存する癖がある (行動力が弱い)
    5. プライドが高い(失敗を恐れ行動力がない)

2)要因の中の「共通項目」抽出します(抽象化)

1と2の2系統の合計10項目は話題のない持てない男性の特徴です。この2系統の中から枝葉末節な部分を省いて「共通項目」を考えて抜き出します。これを抽象化すると言います。

2系統とは①「コミュニケーション能力に自信がない」② 「自己中心的な話題になる」の中に含まれた計10の要因(上述)がありますが、その2系統から更にその中にある「共通」項目を絞り込みます。

4つの共通点は、

  • 端的に話せない
  • 表現力が弱い
  • 視野が狭い
  • 行動力が弱い

と考えました。

最後に、これ以上の「共通」項目がない状態にまで絞りこんだ上で、更にその項目の「本質」を考えます

本質のKeyword:「抑制」です

4つの項目に対して「抑制」と「拡張」が両方揃うものを考えます。それが「本質が何か」の仮設になります。

よく考えて、4つのどの内容のどれもに対しても「ブレーキ(抑制)」役として必要な能力を想像してください。

  • 端的に話す能力が弱い (編集力で無駄が省かれる)
  • 表現力が弱い(編集力で鋭くなる)
  • 視野が狭い’(編集力で視野が拡大する)
  • 行動力が弱い(編集力で行動の的は絞られる)

全てに「編集する」というキーワードで網掛けすると「抑制」と「拡張」が両方成立することが言えそうなので、「編集力」を今回のテーマの「解決すべき本質」と仮定し目的(PLAN)とします。

本質 の仮設:「編集力」としました

PLAN(解決すべき課題):「編集力を付ける」となります

計画Pに対するDCAを考えること、 つまり「本質の仮設」に対するPLANを創出(HOW)することが「プログラミング的思考」です。

【3】CHECK(戦術分析):何故、 「編集力」が弱い かを分析します

特性=「編集力が弱い 」となります

「 情報の編集力が弱い 」ことをあらためて考えます

情報を編集する為に必要と考えられる能力が弱いと想定します

  • 情報を読む能力が弱い
  • 情報を話す能力が弱い
  • 情報を書く能力が弱い
  • 情報を組み合わせる能力が弱い
更に、4つに要因を掘り下げていきます

4つの各項目に対してWHYを5回以上繰り返し、DOする内容を決めます

  • 読む  ⇒ 読む速度が遅い→理解するのが遅い→読解力が弱い→国語がすきでない→現代文が読めない→ 読解力が弱い
  • 話す  ⇒ 話が長い→要約する力が弱い→日頃の読書量がすくない→ 国語がすきでない→現代文が読めない→ 読解力が弱い
  • 書く  ⇒ 書くのが苦手→文章の書き方をしらない→起承転結をいしきしていない → 国語がすきでない→現代文が読めない→ 読解力が弱い
  • 組み合わせる ⇒ 想像力が弱い→もっている情報量がすくない→見る視点を理解していない→頭が固い→自分の殻を破れない→失敗談を語れない→恥ずかしい→自信がない→能力がない→数学が弱い→読解力が弱い

【DO】の仮設:「彼女を見つける目的のためには「編集力を高める」PLANが必要で、その為には「読解力」を付けるという仮説が立てられました。

考える人によってこの「仮設」は違う結果がでますが、「仮設」の対策を半年間程度実行していくなかで、再度上手く行かない原因を修正して対策を考えて「継続」して実行し続けることがポイントです。「継続は力」となり最終的には目的を達成します。

【HOW】彼女を見つける計画(PLAN)の中で「繰り返して」失敗する本質が「読解力」がないという仮説を改善すプログラムを考えます。

【4】ACTION(結論):「彼女を見つける」方法(HOW)の提案

【参考サイト】1日で論理的思考を理解する

  • 論理的に解決したい12の問題
  • 論理的説明に必要な12の道具
  • 新聞で注目すべき12の言葉