新社会人、若手社員が「プログラミング的思考」を活用して成長する方法を解説

  1. 若手に期待される一般的な理想像
  2. 常に、組織運営の上で「戦略」が必要
  3. 若手の能力向上が期待されている内容
  4. 16項目からKeyワードを抽出する

1.若手に期待される一般的な理想像

理想的な若手像「情報を論理的にまとめ、隙間時間と納期を意識してOUTPUTを継続する。事前に決められたCHECK項目の進捗管理により失敗内容が自動的に分析されることで専門性を獲得し、更なる専門性獲得の為にプログラム言語と英会話の語彙力を身に付けることへ自己投資を行う。

2.常に、組織運営の上で「戦略」が必要

この理想像は若手の社会人に期待されることですが、組織の経営幹部は常に「無駄無理ムラを省く」「外注化」「連携策」「マニュアル修正の自己組織化」などの総称である戦略を組織に埋め込む運営が常に平行して進んでいないと修正対策の効果が生まれません。このポイントが非常に重要です。

3.若手の能力向上が期待されている内容

  1. 挨拶(面談、電話、メール、はがき等の紙)
  2. 報告(記録、出張、研修、顧客先、クレーム)
  3. 連絡(タイミング、概要)
  4. 相談(タイミング、内容)
  5. 顧客名簿整理(名刺、顧客リスト)
  6. 資格取得(各職場で必要な資格)
  7. 時間管理(顧客アポイント日時、報告期限、残業)
  8. 分析能力(エクセル、戦略項目に対する進捗管理)
  9. 報告書作成方法(PDCA、会社資源の活用度)
  10. コミュニケーション能力(OUTPUT量、共感力)
  11. プレゼン能力(編集力)
  12. 交渉力(相手の要求に対する質問力と提案力)
  13. プログラミング言語独学(PHP、Ruby、Java、JavaScript、C#、PyThonなどからどれか1つ)
  14. 英会話独学
  15. SNSの活用(Blog、YouTube、twitters、Instagram、FaceBook)
  16. 副業(複業)の方法(SNSの活用)

書いていくと一杯あって一挙にモチベーションが落ちてしまいそうですが、ポイントを絞れば次々に連鎖的に習得できますので大丈夫です。

これらに共通して必要なものがあります。そこを抑えずしてたくさんのことをしたとしても非効率で挫折することになります。

この共通している内容を見つけることが一番大事なことで、これこそ「プログラミング的思考」です。

16項目のポイントのまとめ

  1. 正しく早く挨拶
  2. 端的に早く報告
  3. 端的に早く連絡
  4. 端的に早く相談
  5. 早く引き出せる整理された顧客リスト
  6. スキマ時間を上手く利用して資格取得
  7. 納期厳守
  8. 分析すべき項目自動計算
  9. PDCAではCHECK項目に注力したACTIONが重要
  10. 行動して失敗した経験の数が多いこと
  11. 情報(INPUT)を抑制することで発信(OUTPUT)が拡張
  12. 論理的に確認し提案する
  13. 3ヶ月ネット学習に投資(25万円前後)
  14. 語彙力3000語で日常会話の98%が網羅可能
  15. 好きな内容を毎日継続してOUTPUTする
  16. OUTPUTできる専門性を先ず今の仕事で獲得する

4.16項目からKeyワードを抽出する

  • 論理的 自動化
  • 期限 INPUTの抑制でOUTPUT拡張 と継続
  • CHECK項目失敗経験専門性
  • 自己投資し専門性の追加

一番初めに書いていますが、Keyワードに加えて組織運営上の「戦略」が必須です。戦略なき戦いは時間の無駄が蔓延り、競合に勝てるのは偶然でしかないと言えます。