言葉への集中力を強化する方法を「プログラミング的思考」を使って解説します

社会生活のなかで重要な場面リスト

結論:ACTION内容は⇒こちらです

現在の社会生活で「集中力」が必要な場面は以下の内容に集約されるはずです。

  • 試験問題を読解する
  • 人前でプレゼンする
  • 交渉(顧客や取引先)する
  • 会議で現状を報告する
  • 異性と食事して会話する
  • 昇進や資格試験に合格する

これら場面に求められている共通する内容は、キレのある端的な内容が求められています。つまり抽象化できることがポイントであり「言葉に集中してOUTPUT」できていると言えます。

PLAN: 「言葉に集中してOUTPUT」

DO:自分の頭に入っている言葉の「心象(イメージ)」を今から、「読む、話す言葉」にぶつけながら「読む、説明する、会話する」を繰り返す

CHECK:「抑制」することで拡張させます。つまり、説明する言葉や話題を全て「心象(イメージ)」し脳に映します。

CHECK作業リストはこれです

  • 長い文章は場合で分ける
  • 分けた文章を端的な言葉に言い換える
  • 言い換えた言葉のエピソードをcheckし記憶する
  • 不要な内容は省き上記3点に集約して説明する

ACTION : INPUTされた内容の関係性をOUTPUTしながら読むことことで、文章に対する「集中力」は拡張されます。重要なポイントは何を「抑制」するかにあります。つまりINPUTしている途中に常に侵入しようとする余計な危険察知能力を「抑制」し、更にOUTPUTしながら考えることで「集中力を維持」させるノウハウです。

ACTIONリスト(具体的な実施内容)はこれです

  • 文章のなかで「重要」だと思う言葉を探す
  • 文章に「ツッコミ」いれながら読む
  • 文章の中の「重要な言葉」に心象(心に浮かぶ像)を交わらせながら読む
  • 文章を一言で「要約」する

「集中力UP」のACTIONプログラム

【詳細を説明した参考サイト】