頭が良くなる方法を「プログラミング的思考」で解説

結論:頭を良くする方法

天才はどうかわかりませんが、一般的には「頭がよい」とは勉学、スポール、芸術、仕事に関する5W1Hについて

  • 論理的(筋道)
  • 数字を押さえている
  • 記憶力(明確)している
  • 機転が利く(回転が速い)
  • 集中力が高い
  • 想像力と創造力がある
  • 発信力が大きい
  • 交渉力が高い
  • 合理的な判断ができる

などと表現できますが、突き詰めていうと「本質」を理解して考えていることに尽きると言えます。

この本質を理解する為によく言われることが「読解力」でありその力を付ける為には「読書」が大事だと言われますが、実は読書での読解力に加えて「プログラミング的思考」をすることが最も効率的に「本質」を考える訓練ができると考えます。

プログラミング的思考は

  • すべき内容を小さな単位に分解
  • 共通点化(抽象化)
  • 同じ内容や質の「繰り返し」部分を発見
  • フローチャート図(再現の手順)を書く

の4STEPに分かれますが、この流れが理解できれば、社会での殆どの業務の「手順」を本質を押さえて文書化できることになります。

フローチャート図は、業務や作業を再現させる手順ですが、手順を書きあげる為には「最も大切な取組内容を端的に理解」する必要がありますので「読書」INPUTだけでは不足するOUTPUT力が養われます。

読解力の養成方法

読解力の養成では「要約力」をつける為に「新聞」を使って

  • 「事実と意見」を分ける
  • 「主語と述語」を見つけ「要約」する
  • 「抽象的な部分と具体的な部分」を読み分ける

読書をすれば確かに「読解力」は磨かれる可能性は高くなりますが、その読解力訓練に加えて「プログラミング的思考」でのフローチャートの図示という目的を伴いながら「本質」や「戦略」の構造化を考えることで飛躍的な読解力向上が期待できます。

読書での「要約」を文章化するだけに止めずに「チャート図」に落とし込むことがポイントです。

書き慣れればフローチャート図が不要となり、頭の中で「本質」となる「意図、狙い、構造」が自然と浮かぶようになると本質の理解が早まり、そのことで他の能力全てが改善されると考えます。