文芸

【ご案内内容】

1.将棋のタイトル戦
⇒賞金推定額
⇒タイトル戦名竜王戦名人戦叡王戦王位戦
大座戦棋王戦王将戦棋聖戦
⇒タイトル獲得者の変遷
2.「直木賞」受賞作
3.「芥川賞」受賞作

将棋のタイトル戦をご紹介

【推定/賞金の大きい順】

竜王戦 4200万円
名人戦 2000万円
叡王戦 2000万円
王位戦 1000万円
王座戦  800万円
棋王戦  600万円
王将戦  300万円
棋聖戦  300万円

【竜王戦(りゅうおう)】

■読売新聞社主催■の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。第1期は1987年であるが、前身の十段戦、さらにその前身の九段戦(第1期は1950年)から数えると、タイトル戦の中で名人戦(第1期は1935 – 1937年)に次いで2番目に長い歴史を有している。七番勝負の勝者は竜王のタイトル称号を得る。竜王位は名人位とともに、プロ将棋界の頂点とされている。
ランキング戦等の対局料について具体的な金額は非公開。勝者賞金4200万円、敗者賞金800万円
https://ja.wikipedia.org/wiki/竜王戦

【名人戦(めいじん)】

■毎日新聞社と朝日新聞社共催■の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。1935年に第1期が開始され(第1期リーグ戦は1935年から1937年にかけての二年間)、タイトル戦の中で一番長い歴史を有している。七番勝負の勝者は名人のタイトル称号を得る。名人位は竜王位とともにプロ将棋界の頂点とされている。
対局料 – 名人は1,050万円、挑戦者は450万円。名人位を防衛すると合計で推定約3,500万円。
https://ja.wikipedia.org/wiki/名人戦_(将棋)
■1977年だけは名人戦が中止された。その理由は、当初の主催は東京日日新聞(現在の毎日新聞)だったが、第9期(1950年)から第35期(1976年)は朝日新聞社の主催に変わった。第36期(1977年)から毎日新聞社の主催に復したが、この主催者の変更過程で揉めたために、1977年は順位戦・名人戦が行われなかったとの事。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1413240629

【叡王戦(えいおう)】

■ドワンゴ主催■(ニコニコ生放送が独占でネット配信)の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。2015年度に一般棋戦として第1期が開始され、2017年度の第3期からタイトル戦に昇格した一番新しいタイトル戦である。七番勝負の勝者は叡王のタイトル称号を得る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/叡王戦

【王位戦(おうい)】

■ブロック紙3社連合■(北海道新聞社、中日新聞社、西日本新聞社と神戸新聞社、徳島新聞社)主催の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。1960年に「三社杯B級選抜トーナメント」が発展解消されて4番目のタイトル戦となった。創設時は三社連合と産経新聞の主催であり、「王位戦」の名称は、産経新聞がそれまで主催していた「早指し王位決定戦」の名前を継承したもの。産経新聞は1962年から棋聖戦を単独開催することになり、王位戦の主催から離脱した[1]。七番勝負の勝者は王位のタイトル称号を得る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/王位戦_(将棋)

【王座戦(おうざ)】

■日本経済新聞社主催■の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。1953年に一般棋戦として創設され(同年、囲碁の王座戦も開始)、1983年(31期)にタイトル戦に格上げされた。前身は「世代別対抗将棋戦」[1]。五番勝負の勝者は王座のタイトル称号を得る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/王座戦_(将棋)

【棋王戦(きおう)】

■共同通信社主催■の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。1974年に一般棋戦として創設され、翌1975年(1期)にタイトル戦に格上げされた。前身は最強者決定戦。五番勝負の勝者は棋王のタイトル称号を得る。
https://ja.wikipedia.org/wiki/棋王戦_(将棋)

【王将戦(おうしょう)】

■スポーツニッポン新聞社及び毎日新聞社主催■の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。その名の通り、駒の「王将」から命名された。1950年に一般棋戦として創設され、翌1951年(1期)にタイトル戦に格上げされた。七番勝負の勝者は王将のタイトル称号を得る。

【棋聖戦(きせい)】

■産業経済新聞社主催■の将棋の棋戦で、タイトル戦(竜王戦・名人戦・叡王戦・王位戦・王座戦・棋王戦・王将戦・棋聖戦)のひとつ。前身の棋戦は早指し王位決定戦である。三社連合と共同開催の王位戦を経由して、1962年より棋聖戦開始。1994年までは年2回(前期・後期)行われていた。五番勝負の勝者は棋聖のタイトル称号を得る。2018年4月からはヒューリックが特別協賛に入り、正式名称をヒューリック杯棋聖戦とすることとなった。「棋聖」は、本来は将棋・囲碁に抜群の才能を示す者への尊称であった。将棋では、特に、江戸時代末期に現れた、不世出の天才棋士・天野宗歩を指すことが多い。https://ja.wikipedia.org/wiki/棋聖戦_(将棋)
https://ja.wikipedia.org/wiki/棋聖戦_(将棋)

【タイトル獲得者の変遷】

(参考)http://shogititle.nobody.jp/eiou.html

《龍王・名人・叡王・王位》

年度1.龍王2.名人3.叡王4.王位
201730 渡辺 明75 佐藤天彦03 高見泰地58 菅井竜也
201629 渡辺 明74 佐藤天彦02 佐藤天彦57 羽生善治
201528 渡辺 明73 羽生善治01 山崎隆之56 羽生善治
201427 糸谷哲郎72 羽生善治55 羽生善治
201326 森内俊之71 森内俊之54 羽生善治
201225 渡辺 明70 森内俊之53 羽生善治
201124 渡辺 明69 森内俊之52 羽生善治
201023 渡辺 明68 羽生善治51 広瀬章人
200922 渡辺 明67 羽生善治50 深浦康市
200821 渡辺 明66 羽生善治49 深浦康市
200720 渡辺 明65 森内俊之48 深浦康市
200619 渡辺 明64 森内俊之47 羽生善治
200518 渡辺 明63 森内俊之46 羽生善治
200417 渡辺 明62 森内俊之45 羽生善治
200316 森内俊之61 羽生善治44 谷川浩司
200215 羽生善治60 森内俊之43 谷川浩司
200114 羽生善治59 丸山忠久42 羽生善治
年度龍王・十段名人王位
200013 藤井 猛58 丸山忠久41 羽生善治
199912 藤井 猛57 佐藤康光40 羽生善治
199811 藤井 猛56 佐藤康光39 羽生善治
199710 谷川浩司55 谷川浩司38 羽生善治
199609 谷川浩司54 羽生善治37 羽生善治
199508 羽生善治53 羽生善治36 羽生善治
年度龍王・十段名人王位
199407 羽生善治52 羽生善治35 羽生善治
199306 佐藤康光51 米長邦雄34 羽生善治
199205 羽生善治50 中原 誠33 郷田真隆
199104 谷川浩司49 中原 誠32 谷川浩司
199003 谷川浩司48 中原 誠31 谷川浩司
198902 羽生善治47 谷川浩司30 谷川浩司
198801 島  朗46 谷川浩司29 森 雞二
198726 高橋道雄45 中原 誠28 谷川浩司
198625 福崎文吾44 中原 誠27 高橋道雄
198524 米長邦雄43 中原 誠26 高橋道雄
198423 米長邦雄42 谷川浩司25 加藤一二三
198322 中原 誠41 谷川浩司24 高橋道雄
198221 中原 誠40 加藤一二三23 内藤國雄
198120 加藤一二三39 中原 誠22 中原 誠
年度十段・九段名人叡王王位
198019 加藤一二三38 中原 誠21 中原 誠
197918 中原 誠37 中原 誠20 米長邦雄
197817 中原 誠36 中原 誠19 中原 誠
197716 中原 誠(中止)18 中原 誠
197615 中原 誠35 中原 誠17 中原 誠
197514 中原 誠34 中原 誠16 中原 誠
197413 中原 誠33 中原 誠15 中原 誠
197312 大山康晴32 中原 誠14 中原 誠
197211 中原 誠31 中原 誠13 内藤國雄
197110 中原 誠30 大山康晴12 大山康晴
197009 中原 誠29 大山康晴11 大山康晴
196908 大山康晴28 大山康晴10 大山康晴
196807 加藤一二三27 大山康晴09 大山康晴
196706 大山康晴26 大山康晴08 大山康晴
196605 大山康晴25 大山康晴07 大山康晴
196504 大山康晴24 大山康晴06 大山康晴
196403 大山康晴23 大山康晴05 大山康晴
196302 大山康晴22 大山康晴04 大山康晴
196201 大山康晴21 大山康晴03 大山康晴
196112 大山康晴20 大山康晴02 大山康晴

《王座・棋王・王将・棋聖》

年度5.王座6.棋王7.王将8.棋聖
201765 中村太地43 渡辺 明67 久保利明88 羽生善治
201664 羽生善治42 渡辺 明66 久保利明87 羽生善治
201563 羽生善治41 渡辺 明65 郷田真隆86 羽生善治
201462 羽生善治40 渡辺 明64 郷田真隆85 羽生善治
201361 羽生善治39 渡辺 明63 渡辺 明84 羽生善治
201260 羽生善治38 渡辺 明62 渡辺 明83 羽生善治
201159 渡辺 明37 郷田真隆61 佐藤康光82 羽生善治
201058 羽生善治36 久保利明60 久保利明81 羽生善治
200957 羽生善治35 久保利明59 久保利明80 羽生善治
200856 羽生善治34 久保利明58 羽生善治79 羽生善治
200755 羽生善治33 佐藤康光57 羽生善治78 佐藤康光
200654 羽生善治32 佐藤康光56 羽生善治77 佐藤康光
200553 羽生善治31 森内俊之55 羽生善治76 佐藤康光
200452 羽生善治30 羽生善治54 羽生善治75 佐藤康光
200351 羽生善治29 谷川浩司53 森内俊之74 佐藤康光
200250 羽生善治28 丸山忠久52 羽生善治73 佐藤康光
200149 羽生善治27 羽生善治51 佐藤康光72 郷田真隆
年度王座棋王王将棋聖
200048 羽生善治26 羽生善治50 羽生善治71 羽生善治
199947 羽生善治25 羽生善治49 羽生善治70 谷川浩司
199846 羽生善治24 羽生善治48 羽生善治69 郷田真隆
199745 羽生善治23 羽生善治47 羽生善治68 屋敷伸之
199644 羽生善治22 羽生善治46 羽生善治67 三浦弘行
199543 羽生善治21 羽生善治45 羽生善治66 羽生善治
年度王座棋王王将棋聖(前期・後期)
199442 羽生善治20 羽生善治44 谷川浩司64 羽生善治65 羽生善治
199341 羽生善治19 羽生善治43 谷川浩司62 羽生善治63 羽生善治
199240 羽生善治18 羽生善治42 谷川浩司60 谷川浩司61 谷川浩司
199139 福崎文吾17 羽生善治41 谷川浩司58 南 芳一59 谷川浩司
199038 谷川浩司16 羽生善治40 南 芳一56 屋敷伸之57 屋敷伸之
198937 中原 誠15 南 芳一39 米長邦雄54 中原 誠55 中原 誠
198836 中原 誠14 南 芳一38 南 芳一52 田中寅彦53 中原 誠
198735 塚田泰明13 谷川浩司37 南 芳一50 桐山清澄51 南 芳一
198634 中原 誠12 高橋道雄36 中村 修48 桐山清澄49 桐山清澄
198533 中原 誠11 谷川浩司35 中村 修46 米長邦雄47 米長邦雄
198432 中原 誠10 桐山清澄34 中原 誠44 米長邦雄45 米長邦雄
198331 中原 誠09 米長邦雄33 米長邦雄42 森安秀光43 米長邦雄
198230 内藤國雄08 米長邦雄32 米長邦雄40 森 雞二41 中原 誠
198129 大山康晴07 米長邦雄31 大山康晴38 二上達也39 二上達也
年度王座棋王王将棋聖(前期・後期)
198028 大山康晴06 米長邦雄30 大山康晴36 米長邦雄37 二上達也
197927 中原 誠05 中原 誠29 大山康晴34 中原 誠35 中原 誠
197826 中原 誠04 米長邦雄28 加藤一二三32 中原 誠33 中原 誠
197725 中原 誠03 加藤一二三27 中原 誠30 大山康晴31 中原 誠
197624 中原 誠02 加藤一二三26 中原 誠28 大山康晴29 大山康晴
197523 桐山清澄01 大内延介25 中原 誠26 大山康晴27 大山康晴
197422 中原 誠00 内藤國雄24 中原 誠24 大山康晴25 大山康晴
197321 中原 誠23 中原 誠22 米長邦雄23 内藤國雄
197220 中原 誠22 中原 誠20 中原 誠21 有吉道夫
197119 中原 誠21 大山康晴18 中原 誠19 中原 誠
197018 中原 誠20 大山康晴16 大山康晴17 中原 誠
196917 中原 誠19 大山康晴14 中原 誠15 内藤國雄
196816 大山康晴18 大山康晴12 中原 誠13 中原 誠
196715 山田道美17 大山康晴10 山田道美11 山田道美
196614 大山康晴16 大山康晴08 二上達也09 大山康晴
196513 丸田祐三15 大山康晴06 大山康晴07 大山康晴
196412 大山康晴14 大山康晴04 大山康晴05 大山康晴
196311 灘 蓮照13 大山康晴02 大山康晴03 大山康晴
196210 加藤一二三12 二上達也01 大山康晴
196109 本間爽悦11 大山康晴

MIYOO!から始まるMyアップデイト。ビジネスの背景となる教養(歴史・建物・祭り・書物・文化・IT知識・ゴルフ場・ドラマ)をストックしたサイトはマネージャーを目指す方や既に管理者の方も必見です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。